YouTubeを始めるならこれに気を付けろ! YouTubeの意外な規約が厳しくなった!!

年度が変わり、生活が変化するこの時期、進学したり、就職したり。こういった時期にYouTubeを始める人が多いようですが、今回はユーチューブを始める上で最近厳しくなった規約に引っ掛かってしまわないようにするために、気負付けておくことを話していこうと思います。

YouTubeの意外な規約まとめ

著作権

以外と盲点なのが、バックグラウンドサウンドです。ゲーム実況では挿入曲があり、それによって著作権に引っ掛かってしまうことがあります。

意図しない著作権侵害です。繰り返してしまうと、YouTubeから警告が来て、しまいにはアカウントをバンされるなんてこともあるので気を付ける必要があるでしょう。

性的表現

実際の動画の趣旨が違ったとしても、動画内の中で下ネタをやりすぎるとバンされる可能性が出てきてしまうます。

できるだけカットをすることをお勧めしますが、どうしてもできない場合はモザイクや音声を切るなどで対処していく必要があるでしょう。

年齢制限

YouTubeでは年齢制限をかけることができます。

これができればギリギリのこともできると思った方は間違いです。

”年齢制限のある動画は収益化の対象にならず、18 歳未満のユーザーには表示されません。”とYouTubeの運営が発表しています。

つまり、どんなに動画の再生回数が上がったとしても、年齢制限があったら収益化はできないのです。

NGワード

NGワードが意外と範囲が広いことを知らない人は多いと思います。

まず、死に関する単語はNGです。これは想像できる人も多いかと思います。

他にも、ドラッグ系、原発、核兵器、テロに関する単語はNGとされることが多いようです。

まとめ

なかなか、YouTubeのチャンネルを収益化されるところまで持っていくことは難しいでしょう。そんな中、収益化されたと思ったらすぐにバンされたなんてことは避けたい出ようから気を付けて運営していく必要がありそうですね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。