プロバイダ責任制限法についてモリテツが話す?! 有名予備校講師モリテツのYouTubeチャンネルで投稿!!

プロバイダ責任制限法について、元東進ハイスクールの英語講師である、モリテツさんが話していました。

モリテツさんは以前の動画にも、ネットで匿名で悪口を書き込んでいる人について話していましたが、今回は同業者があぶりだされるという若干謎な発言でした。

ということは、予備校講師はネットで匿名で、悪口を書き込んでいるということなのかな?と思ってしまいます。(笑)

プロバイダ責任制限法:簡単に言うと、ネットに書き込まれたものに名誉棄損や脅迫のような訴訟が起こってしまうような内容が含まれているときに、そのサイトの制作者や管理者がすべての責任を負わなくてもよく、書き込んだ人に責任が来るといったものです。2ちゃんねるで西村博之さんが民事訴訟で敗訴しまくって多額の賠償金支払い命令が命じられたことで、有名になりましたね。

正式には

正式には「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」といいます。この法律は、ウェブページや電子掲示板などで行われる情報の流通によって権利侵害があった場合において、プロバイダ、サーバの管理者・運営者、掲示板管理者などの損害賠償責任の制限と、発信者情報の開示を請求する権利を定めたものです。※プロバイダ責任制限法は、プロバイダ責任法とも呼ばれております。

https://www.au.com/support/inquiry/internet/provider/outline/#:~:text=%E3%81%93%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8,%E3%82%92%E5%AE%9A%E3%82%81%E3%81%9F%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です