ZAX BLOG

【2019年】第一回駿台全国模試が返ってきたので報告します。

第一回駿台全国模試が返却されました。結果はこちら
第一回駿台全国模試結果
まあ、見ていただければわかるでしょうけど、物理以外はひどいものですね。とりあえず、志望校判定は今までの模試の中では一番良いものとなりました。
理由は、今回から物理が入ったことにより、総合偏差値が少し上がったことと、英語は10ぐらい偏差値を伸ばすことができたことだと思われます。
適当に良かったところと悪かったところを話していこうと思います。

良かった点

よかったところといたしましては、先ほども申し上げた通り、英語の偏差値が10上がったことですかね。最近英語(特に長文)を強化していたので、それの成果が出たのではないかと思っています。数学も偏差値は3ぐらい上がったのですが、55ぐらいまでは持っていきたいといったところですね。第一回全統記述模試での反省と同じなのですが、なるべく一つの問題に集中したほうが良かったような気がします。解きなおしたら技術的にはできた問題がたくさんあったので、それを本番でも発揮できるようになる必要があるといったところですね。

悪かった点

たくさんありますが、一番は化学ですかね。問題が少し難しくなるとすぐに溶けなくなってしまいます。基礎が足りていないことも確かですか、応用が全く聞いていない感じですね。まさかの国語よりも偏差値が低いということが起こってしまいました。これは、8月までに何とかしなくてはなりませんね。

スポンサーリンク

BLOG